アムステルダムからデュッセルドルフ、アントワープまで無事に来ましたね。
デュッセルドルフではBlues All Day Longがブルースツアーを思い出させる感じだったしアントワープはMean Old Worldとかブールースがいい感じですね。特にドイルくんのハーモニカいいですね。

Wonderful Tonightがこの数回ドイルくんがギター弾いてますが最初は無茶振り感ありましたが、Slowhandのレコード的なトーンになってとてもこれはこれでいいですね。
Paulさんの歌を加えて16曲体制にして公演時間も稼ぎつつ本人の負担も減らす作戦はなかなか功を奏しているかと。

アントワープでは娘さんに自らHappyBirthdayを歌うというご機嫌なEricさんだったようで

Where’s Eric から
12th June  Antwerpen
01. Pretending
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. How Long (featuring Paul Carrack)
05. I Shot The Sheriff
06. Mean Old World
07. Nobody Knows You When You’re Down And Out
08. Happy Birthday, Julie
09. Layla
10. Tears In Heaven
11. Badge
12. Wonderful Tonight
13. Crossroads
14. Little Queen Of Spades
15. Cocaine
16. High Time We Went (encore)

10th June Düsseldorf
01. Pretending
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. How Long (featuring Paul Carrack)
05. I Shot The Sheriff
06. Blues All Day Long (featuring Doyle Bramhall II on harmonica)
07. Kerry
08. Nobody Knows You When You’re Down And Out
09. Layla
10. Tears In Heaven
11. Badge
12. Wonderful Tonight
13. Crossroads
14. Little Queen Of Spades
15. Cocaine
16. High Time We Went (encore)

Happy Birthday
12th June Mean Old World
10th June Blues All Day Long

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。