Tears in heaven のA white shade of paleのリフ付きは二回目のデトロイトもでした。このUSツアーではこのアレンジで通すのでしょう。Gary Brookerさんへの追悼を込めててあたしは好き。
なんで?という人も居て、あまりそこが理解されてないようですが・・・・
ECバンドの一人でもあってプロコル・ハルムにも居たDave Bronzeさんに良いアレンジだねと伝えましたが彼もいいねと言ってました!
TearsはキーがAですが、shede of pale は普通CですがAにしてA,D,Eで合わせてますね。これをバンドに取り入れたい(コロナ以降やってないけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。